僕とカメラで辿り着く場所

LX時々バルナック

僕の愛機 PENTAX ILX

僕のメインカメラであるPENTAX ILXは

今年の4月に初めて手にしたまだ新しい相棒です。

 

 

1980年に作られた電子制御と機械式のハイブリッドシャッター搭載のカメラで

ペンタックスフィルムカメラとして最後のフラッグシップ。僕のは後期型でもう少し後に造られた物だけど。

 

当時のライバル機はこの二機種

Nikon F3

nikon F3 後期モデル

Canon NewF1

Canon New F-1

両機共に触ったことも、所持したことも無いので分からないけど

NikonのFシリーズは素敵だよね。いやキヤノンもいいとは思うけど。

Nikonは義父のから譲り受けたEM(リトルNikon)と幾つかのレンズが有るのでそれらを使えるのも嬉しいし、いつかは欲しいカメラ。

 

 僕はデジタルカメラから始めたので最初に買ったのはPENTAX K5だった。

何も分からないながらも迷い、吟味して選んだ。

キットレンズから少しづつKマウントレンズを増やし

二台持ちの時にEMで撮った写真になぜか惹かれてフィルムカメラを調べだした。

その後、LXの存在を知る。

 

だが古くなってもフラッグシップ。高値で手が出なかった。

そこで妥協して買ったのがPENTAX K2

 

今でも凄くかっこいい!もう少しこの子も使いたかったのだけれど

シャッター不良を起こし、僕の手で解体して、そしてとどめを刺した。

良いカメラだったなー(トオイメ

そしていよいよLXが欲しくなり、嫁に稟議書を提出。約二年越しの夢が現実となる。

 

Kマウントで選んだというのも有るには有るんだけど

そのデザインと持ちやすい大きさ。ズッシリした重量。こう、手で包むように持つと、指先が触れる所で設定を変える様なスキの無い熟考されたデザイン。

現実よりも美しい0.9倍ファインダー(視野率は100%ではない)

あまり変えることは無いけど脱着式のシステムファインダー!(その数何種類だっけ)。

ファインダーを取ると大画面液晶の様なスクリーンがするりと現れる。

全面マットのスクリーンを使用するとほんとに美しいです。どんどんシャッター切っちゃう。

 

 

ファインダーにSS表示が有ると邪魔になるという人も居るけど僕は気にならない。

 

このカメラ調べると情報はいっぱい出てくるので記載はしないけど僕が良いなー、と思う変態ポイントはフイルム巻き戻しカウンターが正確に巻戻り、数枚前に戻すことが出来る所。巻き上げる時チリチリとギアが鳴るのも好き。

多重露光なんて興味ない人には全く必要ないかもしれないけど、こだわりを感じます。

 

もう一つはAEオートで最大125秒のシャッターが切れる事。バルブで良いんじゃない?と思われるかもしれないが、例えば雷を狙った写真などはこのカメラの得意とするところだと思う。

 

 フィルムカメラだしお安いお値段ではないけどペンタックスユーザーの方は是非触ってみて欲しい。そしてこのカメラのファインダーの美しさを知って欲しいな。 

 

f:id:haru-hudou:20160727082831j:image